どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

病院食は美味しい?それとも・・・

朝が来た。

今日は青空である。

病室のブラインドを開け、顔を洗い、コーヒーを入れる。

毎朝の日課である。

この時間から朝食までが病院生活の中で一番平和な時である。

 

6時から看護師さんたちの行動が始まり、今まで静かだった病院内が賑やかになる。

面白いもので、この時間帯からナースコールが鳴り始める。

動けない患者も活動開始である。

 

最近病院食で検索して来られる方が増えた。

多分同じように入院している人からだと思う。

入院生活の中で食事は大きなウエイトを占める。

一番の楽しみといってもいいかもしれない。

これが美味しいか、美味しくないかが入院生活の満足度を決める。

 

私の場合、朝食は満足するものである。

パン、味噌汁、果物、ヨーグルト、そして日替わりのちょっとしたおかず。

毎日代わり映えのしないメニューであるが満足である。

 

昼になると毎日色々なものが出てくるのだが、満足度の差が大きくなる。

そのため、今は休日以外は止めてもらって、病院内の食堂で食べることが多い。

それでも、日曜に食べるのだが、う〜んと唸ることが多い。

たまに当たりのメニューがある。

例えばこれである。

 

f:id:fabifuten:20160927063457p:plain

 

カレーは多く出そうなのだが、病院では滅多に出ない。

患者が年寄りが多いためだと思う。

お年寄りが好むメニューが多いので、お年寄りの患者からは評判がいいと聞いた。

 

そのためか夜になると、魚料理が多い。

 

珍しく昨晩は肉が出た。

 

f:id:fabifuten:20160927064026j:plain

肉の場合、圧倒的に鶏肉が多い。

たまに豚肉。

牛肉はほとんど出ない。

 

こんな感じの食事で毎日が過ぎていく。

味は薄味である。

高血圧と糖尿病対策である。

健康的といえば健康的なのだが、若い人には物足りない味付けと思う。

私が参っているのは、減塩対策のため、味付けするときに砂糖やカラシで味付けしているものである。

特にに煮物は甘い。

 

そして、面白い傾向として、魚はよく出るのだが、焼き魚が少ない。

醤油をかけて魚を食べる機会が少ない。

煮付けとか、あんかけとか、いろいろ一手間かけて作っているのだが、私としては、魚だったらシンプルに焼き魚が食べたい。

 

欲を言えば、刺身だが、半年入院しているが、一度もお目にかかったことはない。

 

全体的な感想であるが、短期間の入院であれば美味しいと思う。

しかし、入院生活が長くなると辛いものがある。

 

我が家の猫も刺身が食べたいと言っています。

↓↓ よろしければ、クリックお願いしますニャン

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

 


PVアクセスランキング にほんブログ村