どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

お彼岸の日

 

昨日は青空が見えていたのに、また雨の朝である。

お墓まいりに困っている人も多いと思う。

 

昨日、私は行けなかったので、かみさんだけで墓参りを済ませてもらった。

たくさんの人が墓まいりに来ていたという。

この三連休も雨。

やっと晴れ間が見えた昨日、みんな考えることは同じだったようである。

 

彼岸の日は子供の時は単なる祝日としか理解していなかった。

おはぎ、ぼた餅が食べれる日でもあった。

 

f:id:fabifuten:20160922072524p:plain

 

年をとって、彼岸の意味を知ると、どうしても墓参りが欠かせなくなった。

 

彼岸とは、真西に太陽がしずむ日。

その先には極楽があり、死んだ人はみんな極楽に向かっているという。

彼岸の時に拝むと、その人たちの背中を押して、一気に極楽に近づくと聞いた。

 

今、自分が存在するのは、ご先祖様のおかげである。

突然この世に自分が現れたわけではない。

最近思うことは、生きているのではなく、生かされているということである。

 

入院して、命を助けられ、今、自分がいます。

感謝して、1日1日を大事にしたいものです。

 

↓ ↓ 下のボタンをポチりが、入院生活の楽しみになっています・・よろしくです

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 応援ありがとうございます

 

 


PVアクセスランキング にほんブログ村