どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

定年退職後の悩み

退院後の生活について考えることが増えてきた。

病気にとって回復傾向にあるという点ではいいことである。

しかし、なかなか悩ましい問題もある。

 

一番の悩みは退職後の働き方である。

 

 そもそも退職した実感がわかない。

病気で休職し、そのままズルズルと定年退職となったわけで、未だに病気で仕事を休んでいるという感じである。

病気が治ると、また復職し働くのが当たり前の気分である。

仕事を休み始めたのが、昨年の10月。

そろそろ一年が来ようとしている。

実際に復職してやっていけるか、それが心配である。

 

体力面の心配もあるので今決めることはできないが、働けない場合の老後資金も計算しなくてはならない。

 

退職金ももらったことで、今、お金に困ることはない。

今あるお金は、65歳以降に使うお金と、それまでに使うお金と分けている。

65歳からの資金は、定期預金として塩漬けにした。

お正月で言えば、飾り餅。

見ているだけで、食べてはいけない。

いくらお腹が空いても、正月が終わるまではこれに手を出してはいけない。

 

 

f:id:fabifuten:20160919075302p:plain

 

今、色々計算しているのは、65歳までの資金繰りである。

 働かない場合、かなりきつい生活となりそうである。

きついと言っても食べられないというものではなく、遊べないという苦しさである。

慎ましやかな生活していく分にはなんとかなりそうである。

旅行もしない、外食もしない、服も買わない・・

 

そもそも、65歳以降の資金は質素倹約をするということで組んでいる。

ということは、65歳まで遊ばないということは、今後ずっと遊べないということとなる。

 

 

悩ましい・・・

 

心の中で、飾りもちを食っちゃえという悪魔のささやきもする。

 

結論は退院後に持ち越されそうである。

 

 

↓ ↓ 現在、悪魔のささやきと対決中。下のボタンをポチりで応援よろしくです・・更新の励みになります

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村 応援ありがとうございます

 


ブログの最新記事