どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

昔懐かしのソウルフード

今日も5時に目が覚めた。

相変わらず傷口が痛い。

外は暗いので、今日も雨かと思ったら、まだ夜があけてないだけであった。

日が暮れるのも早くなったし、もうすっかり秋である。

あの暑い暑いと言っていた毎日が嘘のようである。

いつの間にか蝉はいなくなり、今はこうろぎさんが賑やかである。

昨晩のご飯のお供に届いたのは卵。

元気そうな卵です。

「紅花卵卵」・・紅花らんらん

楽しいネーミングです。

殻が硬いです。

なかなか割れません。

まるでゆで卵みたいに硬いです。

いつもたべているセールの卵は強くつまむだけで割れてしまうのに・・

 

f:id:fabifuten:20160908201234p:plain

 

当然、玉子ご飯で頂きます。

黄身の色も鮮やかで、元気が出そうです。

私のソウルフードです。 

 

f:id:fabifuten:20160908201400p:plain

 

デザートはフルーツサンド。

カミさんにはこだわりかあるパンだそうです。

育った実家の近くに、しろくまパンというパン屋があり、そこのフルーツサンドが憧れだったそうです。

普段の日はメロンパン。

そして、特別の日がフールツサンドだったと言います。

このパン屋さん、大黒摩季の実家ということで、白と黒、なんか名前を考える時にあったのかと思ってしまいます。

 

f:id:fabifuten:20160908202027p:plain

 

私もパンの思い出があります。

名前はロバのパン屋。

実際にロバがパンの入ったガラスのショーケースを引っ張ってきます。

これを話すと若い人は誰も信用してくれません。

 

さらに、ロバが時々糞をする。

その糞の形がパンとそっくりというと、ますますみんな信じてくれません。

 

 

ロバのパン屋はちんころりん ♪

チンコロリンとやってくる♪♪

 

という曲を流しながらやってきます。

パンの種類は蒸しパンが中心。

甘納豆の入ったものと、マーマレードの入ったものが私のお気に入り。

残念ながら、一個しか買ってくれません。

いつも、どちらにしようかしはらく悩んでいました。

時には悩みすぎて買ってくれなくて泣いたことも・・・

 

 そういえば、昔のことをよく思い出すようになった。 

病院のベットにいると、昔のことがいろいろ思い出されてきます。

いいことだげでなく、悪いことも。

ただ最近変わってきたのは、後悔の念が少なくなったようである。

以前は、あの時ああすればよかったのにとか思うことが多かった。

最近はしょうがなかったなぁという感じになってきている。

諦めの境地というか、悟りの境地まで行っていないが、だんだんそこに近づいてるようである。

 

 歳をとるとは、こんな感じなんですね。

老人の入り口に立っている自分を感じます・

 

↓ ↓下のボタンを押すと、少し悟りの境地に近づきます・・・よろしくです・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村ランキングの応援クリックを宜しくお願いします。  

 

 


ブログの最新記事