どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

カミさんの日課

雨の朝である。

そのせいか朝から傷口が痛むので、追加のロキソニンを頼んだ。

入院中の痛みのコントロールは難しい。

たくさん飲みすぎると副作用もある。

今週からさらに痛み止めを追加していただけに、ためらいながらも看護師に追加を頼んだ。

 

痛みを我慢するのは良くないと看護師はいう。

しかし、昔から我慢することが美徳であると教えられて育ってきた。

なかなか生活信条は変えられないものである。

 

昨日から、傷口に普通では考えられないものが張り付いている。

女性の生理用品である。

傷口から出てくる体液が多いので、ガーゼから漏れることが多かった。

そこで主治医が思いついたのが、ガーゼに加え生理用品を傷口に貼り付けるというものである。

まだ今日は漏れないようだから、順調に役目を果たしている。

ただ、傷口は胸から首にかけてあるので、貼ってある生理用品が丸見えである。

幸いにも柄物でない白いものなので、周りの人は気付かないようであるが、少し恥ずかしいものがある。

病院で用意すると高くなるので、自分で買ってくれと、主治医からの話があった。

そのため、生理用品はカミさんが買ってきたものである。

今度は柄物にしようとカミさんは考えているようである。

 

昨日も弁当が届いた。

私の体調が良くなったので、少しずつカミさんは仕事を増やしている。

そのため、一緒に昼ごはんを食べる機会が減ってきた。

一人で食堂で食べるのは寂しいだろうと気遣って、仕事のある日は弁当が届くことが増えた。

昨日は二食分の弁当を持ってきて、その後、仕事に出かけた。

一つは私の昼ごはん。

そして、もう一つは仕事の後、私と一緒に晩御飯を食べるためである。

 

相変わらずの代わり映えのない弁当である。

私の好物の御三家であるピーマンと豚肉を炒めたもの、卵焼き、塩サバはきちんと入っている。

 

f:id:fabifuten:20160908071058p:plain

 

夕食は私は病院のもの、カミさんは弁当を食べ、8時に家に帰っていった。

 

 

申し訳ないというと、日課だからと戻ってくる。

帰ってからもいろいろ家事が待っている。

朝は子供達の晩ご飯の用意をしてから出かけている。

全て、日課である。

 

男の私には真似のできない日課である。

 

 

↓ ↓下のボタンを押すのも、日課だそうです・・・よろしくです・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村ランキングの応援クリックを宜しくお願いします。  

 

 


ブログの最新記事