どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

当たり前だと思っていたことが、とても幸せなことだったりする

昨日は、四時間ほど外出をした。

気分転換に自宅に帰った。

帰ったから、何をするでもない。

ただ、テーブルに座ってパソコンを開き、ネットで時間つぶし。

夕方になると、晩ご飯。

そして、病院に帰ってきた。

 

帰り際、車の中から、三日月が見えた。

月を見るのはいつ以来であろう。

入院している間は、夜空を見上げる機会はない。

久々見た月は綺麗であった。

いつも見ていた月がこんなに綺麗だったとは。

毎日、当たり前のことと済ませていることが、実はとても幸せなことだったりする。

 

昨晩のご飯も然りである。

珍しく、家族5人が揃った。

正月など、お客があるときは家族全員揃うが、何でもない日に五人揃うのは珍しい。

子供達も色々忙しくなり、晩ご飯を一緒に食べる機会は減った。

 

食べたものも何でもない、豚肉を焼いたもの。

今まで何回出てきたかという、いつものメニューである。

 

f:id:fabifuten:20160907065640p:plain

 

病院では柔らかいものしか出てこないので、肉を噛むのに苦労した。

昔なら、すぐ食事が終わってしまうものだが、おかげでゆっくりした食事となった。

自分だけでなく、子供達もいつもよりゆっくり食べていたようである。

 

実はいつもより分厚い肉を買ってきたようである。

久しぶり私が帰ってくるということで、ちょっとした贅沢をしたようである。

 

 

人間、病気をしたりして弱くなると、今まで見えなかったことが見えてくる。

その点、強い人間は傲慢なのかもししれない。

群れるのを嫌い一人でわがままに生きていこうとする。

昔の私がそうだった。

しかし、歳をとり体が弱ってくると、家族がありがたく感じるようになる。

 

人は歳をとると、周りの人に感謝をしながら生きていくようになるようだ。

 

↓ ↓下のボタンを押すと、幸せの青い鳥が飛んできます・・・

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村ランキングの応援クリックを宜しくお願いします。  

 

 


ブログの最新記事