どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

病気のことはブログには書けない

小林麻耶さんが 3カ月ぶりブログ更新したという。

勇気のいることである。

 

私も9年前に、同じ病気にかかった。

ステージは3で、切ることができずに放射線治療と薬で治した。

家族には、治る確率は6分の1と知らされたそうである。

 

治療のために体重は減り、また、身体中の毛が抜けた。

頭がつるっ禿げの上に、眉毛もない顔は迫力があり、ヤクザ屋さんですら、避けてくれる迫力があった。

 

その時もブログを続けていたが、ブログ上では病気のことは一切書かなかった。

書きたくなかった。

ブログだけは現実から逃げたかった。

写真ブログなので、淡々と今まで通りの写真だけをあげていた。

 

ただ治療がきつい間だけは、更新できませんと案内を書いていた。

また、自分の病気の内容を書かないだけでなく、病気の記事のあるブログも読まなかった。

未だに、病気の人のブログには立ち寄らない。

 

5年後、再発した時も然りである。

 

 実際に自分がなってみると精神的にきついものがある。

当事者でないとわからない恐怖心がある。

 

小林麻耶さんには頑張ってほしい。

しかし、ブログには訪れることはないだろう。

 

病気の治療は体力勝負。

今日の昼ご飯もがっちり食べました。

f:id:fabifuten:20160902125503p:plain

 

 

とりとめのない話に、お付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村ランキングの応援クリックを宜しくお願いします。  

 


ブログの最新記事