読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

死を迎える者にとって何が一番未練を残すか。

人より早く、死を迎える者にとって何が一番未練を残すか。

 

多くの人は残された者の将来への心配である。

自分がいなくなってから、みんな大丈夫なのだろうか。

親はどうだろう。子供達は大丈夫か。

困ったことがあったら、乗り越えていけるのであろうか。

考えるといろいろな心配事が沸き起こってくる。

 

死と向き合って半年、私もいろいろ考えた。

もう危ないと思った時は、カミさんには子供達のことを、子供達にはカミさんのことを頼んだ。弟にも我が家族のことを頼んだ。

そして、今まで話してなかった昔の話を一気に話した。

 

死んだ者にとって残された者の生活は心配であろう。

お盆に帰ってきたら、みんな暗い顔をしているようではせっかくのお盆、供養にならない。

 

 

昨日はは弟家族を呼んで食事をした。

お盆に帰ってきている甥にいいもの食べさせてあげようと焼肉にした。

男一人の生活をしているとなかなか焼肉パーティーとはいかないと思ったからだ。

我が家の子供達と一緒に賑やかなお盆が迎えられた。

病院に帰らないといけないので、長くは一緒にいれなかったが、楽しい夜であった。

 カミさんのメールでは、私が帰った後もみんな酒を飲んで盛り上がったという。

f:id:fabifuten:20160816064534p:plain

 

病室に戻り、パジャマに着替える時、まだ私の服に焼肉の匂いが染み付いていた。

私も栄養が取れて元気になったような気がする。

病室内をいろいろ整理していても体がいつもより軽い。

 普段いかに病人になりきっているのかわかった。

 

昨晩は幸せな姿をお盆に帰ってきた人に見せられたと思う。

話に加わらなかったが、一緒に楽しく過ごしてもらえたと思う。

 

いいお盆が過ごせた。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村  

ポチりよろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村