どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

三途の川を渡るために

日本は仏教国である。

多くの人が仏教を信仰しているが、修行をしている人は少ない。

お寺にお布施をすることで、その修行をお寺に任せているのが現状である。

いわゆる、大乗仏教である。

 

ラオスは自ら修行する上座仏教の国である。

男子は年が来ると出家をし、修行の身となる。

女性はその僧侶に寄進することで修行となる。

 

修行する目的は、自分の力だけで三途の川を渡ることである。

日本の場合は、葬式でお坊さんが引導を渡してくれて、川を渡る。

 

未練があるとあの世に行けない。

 

 今年になって、喀血で二回死にかけている。

その時はもう終わったなと、意識が薄れていく中で感じるのだが、私の場合、未練が多いようで、二回生き返っている。

 

物とか、愛とかに固執しているとこの世に未練が残る。

家族とも別れ、物からも離れて生活することで、あの世に行く準備をする。

これがラオスの出家という形となる。

 

ラオスの托鉢は朝が早い。

まだ暗い、五時ころから始まる。

四時半ころには起床の合図か、鐘が鳴る。

街の至る所にあるお寺からたくさんの僧侶が出てきて、門前に並ぶ。

そして、一斉に街を歩き始める。

至る所に、托鉢にお供えするために人々が待っている。

遠くから、車でやってくる人も多い。

 

 

f:id:fabifuten:20160814111405p:plain

近くによって撮影ははばかられる。

暗い中、遠くから写真を撮ったので、結果は期待していなかったが
いいのが数枚撮れていた。

 

futen.net

 

この写真のカラー版は写真コンテストで賞をもらっている。

副賞として、ラオス往復の航空券が送られてきた。

残念ながら、仕事が忙しく、使用期限まで旅行に行けず無駄になってしまった。

しかし、ベトナム航空のカレンダーに使ってもらえ、いい思い出として残っている。

 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村  

ポチりよろしくお願いします。


PVアクセスランキング にほんブログ村