どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

そうだ、釣りに、行こう。

愛媛は釣りをする人にとって、天国のようなところである。

ちょっと動くとすぐ釣り場に行きつける。

だから釣りを趣味にする人が多いかというと、普通である。

好きな人は毎日でも行くが、それほど熱心な県民性ではない。

 

釣るというより、釣れたものを食べるほうを優先する県民性である。

 

数年前、キャンプをきっかけにカミサンに釣りを教えた。

なぜか知らないが、はまったようである。

腕はまだまだであるが、魚さんとのやりとりを楽しめるところまでは北。

小さい魚がバク釣れすると、大きくないとつまらないなどと、愚痴を言うくらいのところまでにはなってきた。

 

かつて、田舎の海でもバカ釣れしていた。

浜につないでいる船から、アジやハギが入れ食いであった。

夕方、晩御飯のおかずにと、村のおばさんたちか゜ちょっとだけ釣って帰っていた時代もある。

 

30センチ近いグレなど入れ食いだった。

残念ながら、トロールが浜近くまで入るようになり、魚はいなくなってしまった。

 

愛媛の中でも釣れるところと釣れない所の差は大きい。

たとえば、真珠湾攻撃の訓練をした三机は、愛媛県でもよく釣れるところである。

今では、私のメインの釣り場になった。

f:id:fabifuten:20160812203229p:plain

 

 

f:id:fabifuten:20160812203403p:plain

f:id:fabifuten:20160812203437p:plain

f:id:fabifuten:20160812203521p:plain

関アジは有名ですが、その反対にある

佐田岬のアジを岬アジ(はなあじ)といいます。


これの小さいのが陸からも釣れるので、
毎週食材を調達するのに通っておりました。

大体、100匹は釣って帰ります。
調理が大変ですが、
刺身で食べた後は、
残ったもので、ジャコテン作ったり、
アジの開きを干したりしております。

 

このような情報はネットではあまりお目にかかれない。

ネットに書くと、すぐその場所に人が湧くからである。

最近は県外からも多くの釣り客が訪れるようになったが、その反比例で魚は釣れなくなってきている。

 

田舎の人のようにその日の晩御飯のおかずだけ釣るのであれば、魚は減らないのであるが・・・

この写真の場所も良く釣れます。

f:id:fabifuten:20160813063846p:plain

詳しくはこちらから。

futen.net

元気になったら、釣りに行こう。 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村  

今日もポチりお願いします。

 

 


PVアクセスランキング にほんブログ村