どこかに行きたいなぁ

旅を夢見るブログです

退院という言葉が聞かれない

今回入院して早4ヶ月が来ようとしている。

 

こんなに時間が経っているのだが、未だに退院のめどが立たない。

 

今回の入院は喀血を止めるために、右肺上葉部を摘出し、そこに大胸筋を移植するというものでした。

手術自体は成功したのでが、傷口がなかなか閉じません。

傷跡に空洞ができたせいもあるのですが、一番の原因は放射線治療をしているところなので、なかなか回復が難しいということです。

この傷跡以外は元気なので、結構元気に行動できているのはそのせいです。

 

消化器系は絶好調です。

 

食欲旺盛です。

 

ただ、傷が閉じないということは痛みがあって、六時間おきの痛み止めが欠かせません。

あと、寝るときの姿勢に制限があります。

傷から管が出ているので、基本的に上向き。

大胸筋が切り取られているので、その部分もかばいながら寝ています。

 

寝返りが打てないので、起きたあと体が固まっているのでほぐれるまで痛いです。

 

ということで、朝起きての最初の仕事が体をほぐすことです。

起きてからある程度時間が経つと、このようにパソコンに向かうことができます。

 

実は、このパソコン作業。退院に向けてのリハビリの一環です。

この一言でカミさんを説得し、新しくパソコンを買い換えてもらいました。

強引なこじつけですが、前々からMacbook Airが欲しかったのが本来の動機です。

これ、旅行中には最高のパソコンです。

夢となった世界一周旅行にも持っていきたいパソコンでした。

 

まだ、諦めてないけど・・・

現地からブログ更新してみたかった・・

 

薄いし、軽いし、バッテリー持ちもいいし・・

 

ということで、入院患者にも優しいパソコンということです、はい。

f:id:fabifuten:20160806061702p:plain

こんな感じで、パソコン使ってます。

下の方にお見苦しいものが写っていますが、ご勘弁を。

 

 

さてさて、今日は、これからの治療方針を医者から聞く日です。

そろそろ退院させてやってもいいなと思われる方、こちらのバナーを押してみてください。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村  

ひょっとしたら、主治医から退院の言葉が出るかもしれません。応援よろしくです。

 

今日は8月6日。旅行記のブログではこんな記事を書きました。

futen.net

 


PVアクセスランキング にほんブログ村